TOP > 厨房機器買取における交渉術

厨房機器買取における交渉術

厨房機器買取では業者のスタッフに機械を確認してもらった上で査定価格を出してもらうことになるわけですが、しかしこの査定価格は交渉次第で多少アップすることもあります。

ではどういった交渉をすると査定額がアップしやすいのかというと、まず大切なのは「即決しない」ことです。

厨房機器買取では出された査定額についてさまざまなことが言われますが、最初から最高額をつけてくれる業者というのはあまり多くありません。

厨房機器の買取情報をお探しですか。

業者からすれば安く買えたほうが利益を出しやすいのですから、最初の査定額は多少安めの価格が出されます。そのためまずは「すこし考えさせてください」といった一言をつけて売却を先送りにし、別の業者にも査定をしてもらうことが必要です。



次に別のいくつかの業者に査定をしてもらった場合には「価格を比較する」ことを必ず行いましょう。

価格を比較すればおおよその相場は見えてくることになりますし、それが見えたのならば相場より明らかに安い価格をつけた業者は商談から排除できます。

具体的に何社に査定をしてもらうべきということはありませんが、最低でも三社ほどには見てもらって相場を見抜けるようにしておくのがベストです。

あとは集まった査定額や相場といったデータを使い「もっと高くならないか」と声をかければ良いのです。



厨房機器買取の業者にとって商品を買い取ることは仕入れと同じですから、売る側から「他の業者さんではこれくらいの価格が出ているんだけど、これより高い価格がつくならそちらに売ろうと思う」と話してみましょう。

相場より遥かに高い価格を出してもプロは見抜いてきますから嘘はいけませんが、他の業者が出せた価格を聞いてその価格と同等以上の価格を出してくれるということはよくあることです。

この三つのポイントを実践していけば通常よりも高価買取が実現しやすくなりますから、忘れずに行うようにしましょう。